リーマンショックによって各国の為替レートが下落した2008年下半期、すべての投資家にとってマイナスだったというわけではありません。この状況で莫大な利益を得た投資家もいるはずです。FX取引では、レートが下がるほどに利益を得られる方法があるからです。

これは「売りから入る」といった方法です。「売りから入る」の意味がわからない人いるかと思います。これは、通常に考えられている注文とは逆の注文です。為替市場において円などで割安な為替を購入して「その為替が値上がりすると売る」という注文方法がメジャーでね。FXにおいては「保有していない通貨」を先に売る事ができるのです。まず、現在の価格が割高な為替を借りて売り、安くなってから買い戻すといった方法が「売りから入る」と呼ばれる注文方法なのです。これの注文方法であれば、不況下においても利益を出すことが可能ですよね。

今後、この通貨が下がるという予測を立てて、その通貨を売って下がる時を待つ。これの方法で利益を得られるかもしれませんから、うまく活用して利益を得られるように考えてみましょう。