ロスカットは含み損が大きくなりすぎた場合に、自動的に発動する強制決済のことです。FXには株式投資のように、値幅制限いっぱいまで売買する「ストップ高」「ストップ安」といった仕組みがないため、ハイレバレッジで大きな損失が出る場合があります。証拠金がなくなるだけでなく、不足金が発生してしまう可能性があるのです。そういったリスクを避けるためにあるのが「ロスカット」なのです。

ロスカットが適用されるのは、設定されているロスカットレベル(必要証拠金維持率)を下回ったときです。証拠金維持率とは、担保として預け入れた証拠金の金額から、現在の含み損を差し引いた割合です。これがロスカットレベルを下回るとロスカットが適用され、投資家にとって不利な為替レートであっても即座に決済が行われます。
これによって、損失はできますが証拠金以上の損失が出るのを防ぐことができるのです。

ロスカットレベルの基準はFX業者によって異なりますが、20%~30%に設定しているところが多いようです。FX業者によっては自分で設定できるFX業者があるため、取引を開始する前にしっかり確認をしておきましょう。